沖縄三線の楽譜「工工四」(くんくんしー)をダウンロード販売! 訳・解説付きの工工四で曲の背景までよ〜く理解できるから練習に最適♪

キーワード検索
 

曲名検索

歌手名検索


十九の春

歌手名上間綾乃
ジャンル島唄(琉球民謡)
レベル★★
ページ数2
ファイルサイズ243 KB
備考「十九の春」の元歌は明治の、壮士演歌師・添田唖蝉坊(1024〜
1944)の「ラッパ節」(明治末から大正にかけて流行った)の
ようです。その接点は九州(筑豊、三池)や西表の炭鉱労働者達
の歌が琉旋に乗り「与論 ラッパ節」「ジュリグァー小唄」
などのバリエーションとなりました。
琉球 列島いたる所にその旋律は有りました。「十九の春」も
その一変化といえ ます。1972年、本竹祐助・津波洋子が歌い、
そのタイトルとメロディが確立 したといえましょう。今では
沖縄島うたのデュェット曲の代表といえます。 ここでは三線
練習用に独唱となってますが、デュェットで練習してもいいの
では?本土からの輸入歌でありますので、工工四の勘所」が
少し 違ってきます。講師の指をしっかり見てその指使いと
音程に注意して 練習しましょう。
価格 300 円(税込)
オプション曲の選択 工工四のみ 工工四+曲(mp3)

※工工四+曲の場合は +200 円